横浜でバーチャルオフィスを探したいときに知っておきたいこと

起業を考えた時にオフィスはどうすれば良いのか悩む人は多いのではないでしょうか。そもそもオフィスには色々な種類があります。一般的なオフィスと言うと、オフィスビルなどにある貸しオフィスや貸し事務所などがありますが、入居するためには審査を受ける必要がありますし、家賃の1年分などの保証金を用意しておかなければならないなど、起業する人にとっての負担は大きなものとなります。特殊なオフィスとしては、インキュベーションオフィスと呼ぶオフィススタイルがあります。インキュベーションオフィスは、起業などを行う入居者を支援してくれる施設で地方自治体や公的機関などが運営者になっているケースが多く、家賃が安いなどの特徴を持ちます。尚、最近話題を集めているレンタルオフィスやバーチャルオフィスなどは、起業を考える時の選択肢として使えます。

横浜に本社圏を置きたい人にお勧めのオフィススタイルです

神奈川県の横浜市は県内最大の人口、県庁所在地などの特徴があります。オフィスを構えたいエリアの中でも人気が高いのですが、人気が高い事や土地価格が高めなので家賃も高額などの理由から、オフィスを別の場所に設置するケースも多いのではないでしょうか。さらに、自宅を事務所として利用する場合には、他のオフィスを借りれば無駄になります。エリア内にオフィスを構えるのに最適なのがバーチャルオフィスです。バーチャルは架空などの意味を持つ言葉で、職場としての空間はありませんが住所や電話番号を利用出来る等の魅力を持ちます。さらに、会社設立登記としても利用可能な物件が多いため、自宅兼事務所として仕事の拠点を作り、横浜のバーチャルオフィスを利用する起業家も多くなっています。

設立登記の場合には別途費用が必要なケースもあります

横浜のバーチャルオフィスを利用した場合、電話番号の局番は045になるので、これを目的として利用したい人も多いのではないでしょうか。さらに、会社の設立登記として利用が出来るため、自宅兼事務所にしている場合ホームページには自宅の住所ではなく、サービスを提供している会社の住所や電話番号を掲載する事が出来ます。但し、住所を利用するだけであれば月額1,000円前後で借りる事が出来ても、電話の転送サービスや郵便物の転送などにおいては別途費用が必要になります。また、会社の設立登記の時に利用が出来ると言っても、設立登記には別途費用が必要なケースもあるので、利用する時にはどのような費用が掛かるのか、サービス内容の確認などを行う事、物件毎の特徴を比較しておく事が大切です。